CONTACT

エステサロンの開業準備とは?

売上が上がるテナント店舗開業を考えよう

エステサロンを開業するならどこで開きますか?コストを抑えるなら自宅サロンや賃貸マンション、もっと手堅くミニマムにはじめるなら、美容室などの一角を間借りして始める方法もあります。でも、一番自由にお店づくりができ、成果も大きいのは、「テナント店舗」です。今回は、テナント店舗で開業するケースを考えてみましょう。
> お気に入りに登録する

テナント店舗でサロンを開業するメリットは?

テナント店舗でサロンを開業するメリットは?

テナントとは、商業ビルなどで店舗スペースを借りて、入居するお店のことです。商業ビルにお店を出すことは、住居用の賃貸マンションとは違う大きなメリットがあります。



まず第一に、集客面で有利です。
一般にテナントビルでは、多くのお店が入居しています。さまざまなお店があるということは、まず、それらのお店を成り立たせるだけのお客様が来ているということ。地域の人にその存在が知られていて、黙っていてもお店の近くを通る人が多いのです。



また、ビル自体が人通りのある場所にあるなど、集客を考えたつくりになっているので、誰も通らないところでお店を借りてしまうようなことにはならないでしょう。
例えば、1階にコンビニがある、女性に人気のカフェがある、上の階に医院が入っているなど。そこに訪れる人が「あ、こんなところにエステができたんだ」と気づいてくれることも多いのです。
ひっそりした住宅街で自宅サロンを出すより、多くのお客様の目に触れるチャンスがあります。



そして、何よりのメリットは、思い通りのお店をゼロからつくることができることでしょう。

「何台もベッドがあって、いつもにぎわっているお店にしたい」
「こんなイメージの内装にして、どこよりもリラックスできるお店にしたい」
「ガラス張りで開放的な雰囲気に」

など、物件をしっかり選べば、自宅サロンや賃貸マンションとは違って自分の描いた通りの夢を実現することができるのです。



また、お店の雰囲気だけのことではありません。
売上や利益についてもプランを描くことができます

例えば、「ベッド2台くらいからはじめたい」と思っている、Aさんの場合のプランを見てみましょう。

  • ・ベッド :2台
  • ・スタッフ:2人〜(オーナー含む)
  • ・営業日数:25日
  • ・稼働人数:1日4人ずつで 8人/日 →25日営業で 200人/月
  • ・単価  :平均7,000円
  • ・売上  :140万円 (@7,000円 × 200人)

「いきなり満員は難しいから、半分で70万円。それなら、何とかなりそう!」
と、Aさん。

デザインも売上も。夢が思い通りに描けるところがテナント店舗開業のメリットです。



どれぐらいの広さのお店が必要?家賃はいくら?

どれぐらいの広さのお店が必要? 家賃はいくら?

テナントビルで借りる場合の、お店の広さを考えてみましょう。
エステサロンではエステベッドのスペースが広さの基準となります。自宅サロンなどでは6畳間(3坪)があれば開業できるとされますが、加えて、自宅ではあまり考えなくて良い、玄関、受付、洗濯機、冷蔵庫などのスペースが必要です。
目安として、1ベッドあたり5坪2ベッドをゆったり配置するには10坪と考えましょう。

では、家賃はいくらになるでしょうか?
東京都内のテナントビルで2階以上の家賃相場は、坪2~3万円とされますから、
2ベッド10坪では20~30万円です。
もちろん、立地やグレードなどで金額は大きく異なります。お店を出したい街の家賃について、じっくり調べていきましょう。



これだけかかるテナント費用 しっかり事業計画を

これだけかかるテナント費用 しっかり事業計画を

一方で、テナントのデメリットもしっかり考えておきましょう。
一番のデメリットは、費用がかかることです。家賃が高く、保証金もかかりますから、資金計画をしっかりしなければテナントは借りられません。

保証金は家賃の6~10ヶ月分程度。優良物件ではもっと長く設定されていることもあります。
仮に保証金が10ヶ月分だとして、半年ぐらいはお客様が少なくても大丈夫なように、と考えると、 16ヶ月分のお金を用意する、ということになります。

先ほどのAさんの場合、

【賃料】

20万円 × 16ヶ月 = 320万円

(坪2万円10坪 20万円の物件)

加えて、テナントサロンでは、内装費などもかかります。
相場としては坪20万円とも言われます。

【内装費】

20万円 × 10坪 = 200万円

となります。

合計で500万円以上となります。

これは簡単な金額ではありませんが、今はサロンに適した融資もありますから、しっかり事業計画をたてて取り組むことが大切です。



Aさんのテナント準備費用

賃料  (20万円の物件、16ヶ月) 320万円
内装費 (20万円/坪、10坪) 200万円
合計 520万円
不動産屋さんに行く前に必ず調べたい3つのポイント

不動産屋さんに行く前に必ず調べたい3つのポイント

いよいよ物件探しです。まず、気をつけたいのは、不動産屋さんに行った際にあわてて決めてしまわないこと。
魅力的な物件を前にして勢いで契約して失敗した、という例がたくさんありますから、気を付けましょう。

「広すぎる物件を決めてしまって、思った以上の家賃になった」
「駅前通りで人がたくさん通るからと契約したら、通勤に急ぐ人ばかりだった」
など、お店のイメージや立地の条件を決めないままで実際の物件を見てしまうと、失敗しやすいからです。

①人の流れを把握しよう

まずは実際の街を歩いて、どんな人の流れがあるか、時間をかけて調べましょう。
女性が多く通る道やよく行くお店、ショッピングセンターなどの位置をしっかり確認することが大切です。

②物件の相場を把握しよう

インターネットで検索すると、たくさんの物件や事例が出てきます。
どのエリアにどれぐらいの価格の物件があるか
1階の相場家賃はいくらで、2階以上ならいくらになるか
相場を調べて覚えられるぐらいにしておきましょう。

おすすめは、地図に書き込む方法です。
このあたりだといくら、こちらは物件が多いなど書き込むと、一目でわかりやすくなります。

③ライバル店を把握しよう

インターネットでは、同じ地域のライバル店についてもじっくり見ていきましょう。どんな雰囲気のお店が多いのか。アピールポイントは何か。どんなメニューがいくらぐらいか。出店場所やサービス内容、価格を決める際の参考になります。

「調べるより前にまず行動したい!」と思われるかもしれませんが、調べれば調べるほど成功のヒントが見えてきます!
物件選びは、ぜひしっかり時間をかけて検討しましょう。



Recommendation

What’s Next?

お取引きをご検討のサロン・法人様はこちら

問い合わせはこちら