CONTACT

エステサロン集客戦略

マスクで肌荒れ、ニキビが増加!!
サロンの腕の見せどころ

コロナ禍はサロン経営にとって大きな試練でした。コロナによりマスク利用が増え、お肌にも大きな影響を与えています。ずっとマスクを使用していることで様々な肌トラブルが生じています。今回はマスクでの肌トラブルについて検討し、その対策を考えていきましょう。 > お気に入りに登録する

マスクによる肌トラブルとは?

口と鼻を覆ってしまうマスクは、その下のお肌にとっては厳しい環境です。マスクがなければお肌は直接外気に触れるので、自然に水分の調整などを行うことができます。が、マスクの下で呼吸することでマスク内の温度や湿度が上がり、お肌の水分調節が難しくなります。

また、マスクをしていると常にお肌がマスクとこすれ、敏感になりがちです。かゆみを生じることも少なくありません。こすれて角層が刺激され、バリア機能がなくなってしまうと、トラブルを呼び込みやすくなるのです。角層のはがれたお肌は保水力を失って、水分が出ていきやすくなります。

こうした状況から、肌荒れやかゆみ、ニキビがひどくなってしまいがちだと言われています。肌荒れを起こしたままマスクを着け続けると、シミの原因にもなってしまいます。

どうしてマスクでニキビができる?!

どうしてマスクでニキビができる?!

「マスクのおかげでお化粧も軽くて良いので楽だ」と思う方もいるかもしれません。ですが、基礎的なお手入れをしないとさまざまなトラブルが発生します。その代表的なものは“ニキビ”です。

まず、マスクの内側は汗をかきやすくなり、皮脂も増えてきます。さらに雑菌が内側に繁殖しがちで、ニキビを引き起こすと言われる「アクネ菌」もその中の1つとして増えてしまいます。

また、マスクの中は湿度が高いばかりではありません。家に帰ってマスクをはずすと、一気に水分が蒸発し、お肌の水分も奪われていきます。つまり、マスクを使用することで、お肌をかえって乾燥させることも少なくないのです。

さらに、マスクとこすれることでお肌のバリア機能が低下し、ニキビができる条件が揃ってしまうのです。

問題に気づいていただく発信が集客につながる

問題に気づいていただく発信が集客につながる

対処しないままの状況が長引けば長引くほど、お客様のお肌にトラブルが広がっていきます。こういう状況の時こそ、問題に合わせた集客が重要です。では、どのような方法があるのでしょうか。

カルテの見直し

一度、お店のカルテを読み直してみると良いでしょう。以前からニキビや肌荒れ、赤みが見られたお客様がいれば、マスク肌で状態が悪くなっている可能性があります。お客様が今悩んでいらっしゃる可能性が高いので、しっかりとアプローチしましょう。しばらくご来店いただけていない状態が続いているとしたら、その間にお肌の具合が悪くなっていないか、確認していきましょう。

メールやLINEでアプローチ

そうしたお客様にはそれぞれメールやLINEをするのも良いでしょう。お客様の中にはずっと家にいてマスクの下の顔を人に見られないということに慣れてしまって、お肌のトラブルを見落としている方もいらっしゃいます。まずはご連絡をし気付いていただくことが大切なのです。

SNSで発信

ぜひお店のLINEやSNSのアカウントを活用して、マスクが引き起こすお肌のトラブルについて発信していきましょう。お客様が「他の人もマスクで困っているんだ」と気付けば、自分もちゃんと対処しようという気になるもの。正しいケアを一日も早く始めて、晴れてマスクをはずせる日を健康的なお肌で迎えられるようにしていただきたいですね。

ニューノーマルと呼ばれる今の状況に合わせて、新たなアプローチをしていきましょう。

What’s Next?

お取引きをご検討のサロン・法人様はこちら

問い合わせはこちら